せどり

【せどり】売れない、簡単な4つ理由とは

今回はせどりをやっているが、ぜんぜん売れないと悩んでいる方に向けての話です。
仕入れをして、Amazonマーケットプレイスに出品したり、オークションに出品したりしているが売れない。

よくある話ですが、売れないのには何か理由があります。
私が考える、簡単な理由として4つにまとめてみましたのでご覧下さい。

せどりで売れない理由

・価格設定が高い
・商品の画像がひどい
・文章があまりにも雑
・評価に悪いがたくさんある

価格設定が高い

価格設定が高くては絶対に売れません。

「同じ値段で出品している人の金額にあわせているからそんなことはない!!」
そんな意見もあると思いますが、それだけの理由では価格設定が適正だとはいえません。

出品している人の最安値の金額にあわせるなら「アマゾンの商品ランキングと価格推移を確認できるサイト(モノレート)」で確認すれば簡単にわかります。

ですがあくまでモノレートで調べて出てくる価格は最安値の価格です。

現在のAmazonマーケットプレイスで売られている価格なだけで、売れる価格ではありません。

では売れる価格とは?どんな価格でしょう。

2つの相場を比較してみる

それでは中古DVDで実際に比較して、売れる価格を調べてみます。

下の画像は2015年10月12日時点でのオークションでの落札相場です。
価格帯は1900円~3100円ぐらいになっています。
せどりで売れない、簡単な4つ理由とは

次にモノレートで調べたAmazonマーケットプレイスでの出品されている価格です。
調べた日は2015年10月12日時点で同じですが、最安値で2600円になっています。
せどりで売れない、簡単な4つ理由とは

この2つを比較してみてどうでしょうか?


例えば最安値だからといってAmazonマーケットプレイスに同じ価格2600円で出品したとして売れるでしょうか?

絶対売れないとは言い切れませんが、2600円という同じ価格で19人も出品者がいますので、その中から選ばれるとは限りません。
しかもオークションでは1900円+200円の送料で販売された実績もある商品です。

この価格を見て私がAmazonマーケットプレイス出品をするとしたら、2500円以下で出品します。
早い回転率を考えるなら2400円ぐらいが妥当だと思います。

売れる価格とは?

売れる価格とは、モノレートで調べたAmazonマーケットプレイスでの出品されている価格(価格相場)ではありません。

オークションの落札相場も調べた上で、妥当な金額をつけるようにしましょう。
それとオークファンでの落札相場も、モノレートで調べた価格も送料は含まれてないです。
オークションとアマゾンでは送料が違う場合もありますので、それも比較対象にいれます。

商品の画像がひどい

DVDでせどりをする場合は、良いも悪いもあまりないので特に考えなくて大丈夫です。

中古の洋服や家電などでせどりをする場合は、商品画像はかなり重要です。

ヤフオクで洋服を出品するなら、最低でも3枚の画像を載せましょう。
出来れば画像を連結して、細かく詳細にダメージ部分なども乗せた方が、高値になる可能性は高いです。

画像を連結して出品する方法は後で別の記事で書こうと思います。

家電や洋服でせどりをしている方は、一度出品画像を見直してみるといいと思います。

文章が雑

文章がちゃんと日本語になっていない出品者もたまに見かけます。

私が購入する側でしたら、変な日本語を使っている方からはあまり購入したいと思いません。
私も文章はあまり上手ではないですが(笑)

評価に悪いがたくさんある

購入した人からの以前の評価も重要です。

同じ価格で出品している人がいたら、次に評価に目がいきます。
購入後のトラブルには誰もがあいたくないものです。

評価は「個人」でも「お店」でも購入する人の、指標になります。

まとめ

せどりで売れない理由は意外と簡単なものが多いです。

2000円で仕入れたから、2500円で売らないと利益が取れないから2500円で出品する。

そんな考え方でいるなら、売れないのはあたりまえです。

一番重要なことは、その時の売れる相場を知ることであり、その時に売っている相場ではありません。

ここを間違えないことです。

価格の相場を調べるために利用したサイト

LINKオークファン
LINKモノレート