せどり

せどりで稼ぐ方法をすべて話します

このサイトではリサイクルショップを始める方法など、リサイクルショップに関することをメインに書いているのですが、リサイクルショップを運営するのと、せどりをすることは、とても似ている所があります。

それは売値より安く仕入れをして販売し、粗利益を出すという事です。

現在、私はリサイクルショップの店員として働いていますが、この仕事をするきっかけになったのがせどりです。

最近はあまりせどりはしていませんが、このページではせどりで稼ぐ方法を紹介していきます。

せどりとは?

簡単に言えば「転売」です。
商品を仕入れ、販売し粗利益を得ることをせどりと言います。

せどりをする時に必要となるもの

・パソコン
・ネットがつながる環境
・スマフォ、タブレットなど持ち運びできる端末
・仕入れる資金

パソコン

商品を出品してお客と取引をするうえでパソコンは必要になります。スマフォでも商品を出品することはできますが、時間の効率を考えるとパソコンの方が早く出品できる為パソコンはあったほうがいいです。

ネットがつながる環境

商品を出品したり取引する為にインターネットが繋がる環境は必要です。
回線は早い方が作業が早く進む為いいですが、特に繋がればなんでも大丈夫です。

スマフォ・タブレット

スマフォやタブレットなど持ち運びができて、必要な時に外出先でもネットが繋げられる端末が必要です。

理由は外出先で仕入れをする時には、その商品がいくらで売れるかインターネットを使い相場を見る必要があるからです。

全ての商品の相場を頭に入れておくことは不可能ですので、外出先でいつでもネットに繋げられるようにスマフォ・タブレットなどの端末は必須といえます。

仕入れる資金

最初のうちはいっぺんに仕入れするのではなく、ちょっとづつ規模を大きくするのであれば特に大きな資金はいりません。
資金については、せどりをする商品によっても違いますが、本、洋服、小物家電などでするのであれば10万もあれば十分です。

販売した売上をまた仕入れに回し、少しずつ規模をでかくするのであれば1万円ぐらいで始める事も可能です。

仕入れのポイントと使用ツール

せどりで1番重になるのが仕入れです。

仕入れがうまくできれば、あとは販売するだけですので稼ぐのは簡単です。
以下に仕入れの時の注意点と、使用するツール(サイト)を紹介します。

売れる相場を調べる(ポイント)

売れる価格の相場がわからないなら、仕入れはしない方がいいです。

できないことはないですが、損をする可能性がでてきますので、必ず売れる相場を調べてから仕入れをすることが重要なポイントになります。

ではどうすれば、売れる相場を知ることができるのでしょうか。
次に、仕入れをする時に重要になる「売れる相場を調べる」ツール(サイト)を紹介します。

オークファン

かなり便利なツール(サイト)がオークファンです。
これを使えばネットで売れる相場を知ることができます。

新品、未使用、中古とわずオークファンでは販売されているので、新品から中古まで販売されているものに関しては、相場を知ることができます。
リサイクルショップで中古品を仕入れるのであれば、実際にお店で見た商品を粗利がとれそうなものであれば、その場でスマフォなどで落札相場を調べ購入するかを考えます。

LINKオークファンのサイトはこちら

モノレート

こちらはアマゾンの商品ランキングと、価格推移を確認できるサイトです。
アマゾンで仕入れをする時や、販売する時の指標になります。

後々、このサイトの上手な使い方は紹介したいと思います。

LINKモノレートのサイトはこちら

仕入れ先と仕入れをする時のポイント

上で仕入れの時の注意点である、「売れる価格を調べる方法」は書きました。

今度は商品の仕入れ先5つと、仕入先ごとのポイントを紹介します。

オークション

オークションで仕入れることも可能です。
オークションにはいろいろあります。
「ヤフオク」「モバオク」「楽天オークション」その他にもいろいろあります。

ここで疑問がでると思います。

「オークションで仕入れをしたものを、同じくオークションで販売して粗利が取れるのか?」
答えは、やり方によっては取れます。

詳しくは後で記事にしてみようと思いますが簡単に説明すると、「ジャンク品を購入したり」、「安値で落札されてしまう商品を拾う」このような感じで上手く仕入れをすれば粗利率は低いですが利益を出す事は可能です。

リサイクル店

リサイクルショップで仕入れをして粗利益を出す事も可能です。
CD、DVD、洋服、家電、ほとんど全ての品目で、粗利を取れる商品は店内をくまなく探せば1点はあります。

1点と聞いて少ないと思った人もいると思いますが、販売している人はいちようプロの方なので中古相場は把握しています。
ですが、ミスをして価格を間違えてつけている商品があったり、回転率を上げる為、わざと相場より安くつけたりと、

そのような感じで必ず粗利を取れる商品は1点はあるのです。

具体的な粗利の取れる商品を見つける方法などは、あとで記事にして説明したいと思います。

ここでは必ず粗利の取れる商品はある!!

それだけ書いときます。

問屋

問屋から仕入れをする方法もあります。
私が個人的に「せどり」をしていた時利用していたのは「NETSEA(ネッシー)」というサイトです。
NETSEA(ネッシー)のサイトはこちら

いろいろな問屋の仲介をしてくれるサイトで、無料で登録でき誰でも利用することができます。
有名なブランドの靴や洋服の仕入れをすることもできます。

ただし利用している人は多数いますので、粗利益率は仕入先の中では1番低いです。
上手くいっても粗利益は2割程度です。

アマゾン、楽天など

アマゾン、楽天などのタイムセールなどを利用して安く仕入れます。
私はほとんどやったことがありませんが・・・

古物市場

古物商許可を取得して、「古物市場」で仕入れをするのも一つの手です。
粗利益率は一番高く取れると思います。

古物市場というと少し入りにくいイメージがあると思いますが、古物商許可さえ持っていれば新入りでも今の古物市場は受け入れてくれます。

古物市場に行きせりが始まったら、せりにかかっている商品の売れる価格を予測して、粗利益が取れるものだけ仕入れをする
それだけです。

粗利益率は5割以上とることも望めます。

後で古物市場のことも記事にしてみようと思います。

販売方法

販売方法はネットを利用して販売します。

販売しているけど何故か売れないんだよなあ?と言う方は↓の記事を
【せどり】売れない、簡単な4つ理由とは

ヤフオク

一番簡単で確実なのはヤフオクです。
私の場合はほとんどヤフオクで販売していました。

利用しているユーザー数も多いし、一般常識がある人が多いので、特にトラブルになることも少なく取引ができます。
別の記事でヤフオクで高く売るコツなども紹介したいと思います。

アマゾン

Amazonマーケットプレイスで販売する方法もあります。
詳しくはこちらもあとで記事にします。

最後に

少しずつ記事を更新して、より細かく具体的に「せどりで稼ぐ方法」を公開していきます。

是非このページをブックマークしてくださいね!!
それとシェアもお願いします。